新機能 イベント主催者向け機能「重複参加の許可/禁止」機能と「グループブラックリスト」機能をリリースしました。詳しくは こちら

お知らせ ビープラウド、「90日で稼げるプログラマーに」オンライン学習サービス「PyQ(パイキュー)」を販売開始

このエントリーをはてなブックマークに追加

5月

6

Reactive Programming with Scala and Akka 読書会第0回

ScalaでReactive

ハッシュタグ :#reactivescala
募集内容

参加枠1

無料

先着順
6/10

イベントの説明

概要

Reactive Programming with Scala and Akka の輪読会を開催します

  • 日時: 2016年05月06日(金) 19:30~21:00
  • 場所:中央区銀座3-11-6 銚子ビル 4F (株式会社Oneteam会議室)
  • 定員:10名
  • 参加費:無料

対象者

  • Scala/Reactive Programming/Akkaのいずれかに興味のある方であれば誰でも
  • 主催者自身Scala歴が浅いため、Scala初学者の方にも気軽にご参加いただき、ともに学んでゆければと思います

用意していただくもの

進め方

  • 章毎に担当者を決めて、まとめた内容を各回発表してゆく形式で進めてゆきます
  • 担当者以外の方も、該当章を予め読んでおいてください
  • 各章で学んだ内容について、皆で軽くディスカッションや知見の共有などできればと思います
  • 第0回目の今回は簡単な自己紹介と担当者決めを行います。あと主催者の自分(tkqubo)が第1章分(Introducing Reactive Programming)を発表する予定です

スケジュール

TBD

資料 資料をもっと見る/編集する

フィード

tkqubo

tkquboさんが資料をアップしました。

2016/05/13 13:13

tkqubo

tkqubo さんが書き込みました。

2016/05/06 19:42

https://gist.github.com/tkqubo/fbb43d5b0f8d93b59d081a8643ac7f1c

tkqubo

tkqubo さんが書き込みました。

2016/04/22 13:31

https://www.packtpub.com/books/subscription/packtlib?=pp 格安の月額制で、PACKTの技術書籍を閲覧できます!

tkqubo

tkqubo さんが Reactive Programming with Scala and Akka 読書会第0回 を公開しました。

2016/04/21 18:59

Reactive Programming with Scala and Akka 読書会第0回 を公開しました!

グループ

Reactive Programming with Scala and Akka 読書会

ScalaでReactive

イベント数 9回

メンバー数 26人

終了

2016/05/06(金)

19:30
21:30

募集期間
2016/04/21(木) 18:59 〜
2016/05/06(金) 21:30

会場

株式会社Oneteam会議室

中央区銀座3-11-6 銚子ビル 4F

株式会社Oneteam会議室

管理者

参加者(6人)

gute_ist_tot

gute_ist_tot

I joined Reactive Programming with Scala and Akka 読書会第0回!

tkt_holly

tkt_holly

Reactive Programming with Scala and Akka 読書会第0回に参加を申し込みました!

ngs

ngs

Reactive Programming with Scala and Akka 読書会第0回 に参加を申し込みました!

hase

hase

Reactive Programming with Scala and Akka 読書会第0回 に参加を申し込みました!

grimrose

grimrose

Reactive Programming with Scala and Akka 読書会第0回 に参加を申し込みました!

jkugiya

jkugiya

Reactive Programming with Scala and Akka 読書会第0回 に参加を申し込みました!

参加者一覧(6人)

キャンセルした人(4人)